名古屋市瑞穂区中根町の服部ファミリークリニック(内科・小児科・整形外科・リハビリテーション科・呼吸器科・アレルギー科・
各種予防接種・健康診断・診断書作成・訪問診療・往診)公式HPをご覧いただきありがとうございます。

(052)837-1055

呼吸器科
せき、息切れ、また睡眠時無呼吸症候群のご相談にも応じます。

せきは初診時に訴える頻度の高い症状です。体には病原微生物や異物を排除する防御システムが備わっており、そのなかでも、せきは異物を強制排除するために重要な役割を担っています。
咳は症状の持続時間により、急性咳嗽(3週間未満)、遷延性咳嗽(3週間以上8週間未満)、慢性咳嗽(8週間以上)に分類されます。急性咳嗽の多くは呼吸器感染症が原因です。せきの持続とともに感染症以外の原因による、遷延性・慢性咳嗽の頻度が高くなります。
(日本呼吸器学会 「咳嗽に関するガイドライン第2版」2012, p7)
原因となる病気で最も多いのは、かぜやインフルエンザなどの感染症です。感染症以外では、気管支喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などがあり、また重篤な疾患として肺結核や肺癌があります。
また病気以外では、喫煙や排煙、粉塵、また高血圧症の内服薬の副作用もあげられます。
当院は肺機能と気管支喘息などの呼吸器疾患を管理します
禁煙外来
タバコをやめたい人のための専門治療外来です。
現在、喫煙は「ニコチン依存症」という病気であるとされています。禁煙外来では、「ニコチン依存症」と診断を受けた患者さまに対して、医師が禁煙補助薬を処方し、禁煙治療を行います。当クリニックでは保険適応による禁煙治療を受けることができます。
ニコチン依存症
タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に到達し、快感を生じさせる物質であるドパミンを放出させます。
ドパミンが放出されると、タバコを吸った人は快感を味わいます。また同時に、もう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます。
その結果、次の1本を吸って再び快感を得ても、さらに次の1本が欲しくなるという悪循環に陥ります。この喫煙が習慣となった状態を「ニコチン依存症」といいます。
呼気NO濃度検査のご案内
空気の通り道である気道に慢性的な炎症を持つ患者さんでは、吐く息の中(呼気中)のNO(一酸化窒素)の濃度が高いことがわかってきています。
気管支喘息では気道に慢性的な炎症があるため呼気NO濃度が高くなっています。
したがって咳・痰などの症状のある方の呼気を調べることにより、その咳・痰が気管支喘息によるものかどうか判定できます。
呼気NO濃度の測定
  • 気道炎症の程度を調べる検査です。
  • 喘息診断のための検査の一つです。
  • 喘息の治療効果をみる指標です。
肺機能検査のご案内
肺年齢を調べてみませんか?
肺年齢は見た目では判らない肺の健康を知るヒントです。
呼吸機能は、健康な人でも加齢とともに低下していきますが、喫煙や呼吸器の疾患等によりその低下が健常な方よりも早くなります。
肺年齢(呼吸機能)を測定し、肺の健康維持・病気の予防・早期発見に役立てましょう。
呼吸リハビリテーションのご案内
  • 長く続く咳や痰。
  • 階段の上り下りのときの息切れ、あるいはちょっとした動作での息切れ。
  • かぜに罹りやすくそのたびに長引く、あるいは入院しなければならない。
  • 夜間に咳や息苦しさのため眠れない。
  • 酸素吸入のために日常生活ができない。
これらの症状を少しでも楽にして生活してもらうのが呼吸リハビリテーションの目的です。
今まで息切れや、不快な咳・痰などの症状は慢性の呼吸器病の患者さんにおいては仕方のないものとされてきました。しかしこれらの諸症状は決して避けられないものではありません。
私たちは少しでも息切れのない、楽な日常生活を患者さんに過ごしていただくことをめざし、理学療法を含む総合的な呼吸器病に治療に取り組んでおります。

所在地

〒467-0055
名古屋市瑞穂区中根町
4丁目62番地

googleマップで見る

主な診療内容

内科 小児科
整形外科・リハビリテーション科 呼吸器科
アレルギー科 各種予防接種
健康診断・診断書作成 訪問診療・往診

診療時間

休診日 水曜日午後・土曜日午後・
日曜日・祝日

お問い合わせ

(052)837-1055

page top

【院長】服部 義信   【副院長】服部 智津子

〒467-0055
名古屋市瑞穂区中根町4丁目62番地  googleマップで見る

(052)837-1055

休診日

水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

診療科目

内科・小児科・整形外科・リハビリテーション科
・呼吸器科・アレルギー科